「協議離婚」はお互いの話し合いで解決する離婚手続き

穏やかにすすめられる「協議離婚」

森の夜の星協議離婚とは、お互いの話し合いで解決し離婚する事です。
離婚した人の中で最も多い解決法の様です。
子供がいる場合は離婚問題は簡単ではなく、親権者や養育費、離婚後の名字等の多くの課題があります。
この間、別居する場合が多く、そうなると、どちらかが子供を連れて実家などに出るパターンが多い様です。
子供の心情を考えると離婚問題は長引かせない方が一番良いのです。

協議離婚を成立させるポイント

協議離婚の一番のポイントは、お互いが感情論で話し合うのではなく、お互い反省し、この先、一番良いと思う解決法を譲り合いながら話し合う事です。
お互いが離婚する事に同意している場合は、子供の問題が一番重要になると思います。
しかし、どちらかが離婚に同意していない場合は協議離婚で解決する事は難しくなると思います。
もちろんお互いが同意している場合でも、財産分与や家のローン等の多くの問題がありますので、慎重に話し合う必要があります。

トラブル防止のため公正証書を作成しましょう

この場合、後からトラブルにならないために公正証書をとることをおすすめします。
お互い取り決めたことが、離婚後、何らかの理由によって守られなくなってしまう事の無いように公正証書を作成しておくと安心です。
これは、絶対的な証書となりますので、もしも、養育費の支払いが滞った場合、相手の給料差し押さえや勧告をする効力を持っています。
この、公正証書を作成するには、お互いの話し合いで決めた内容をお互いに納得、了解している事が条件です。
そして、お互い一緒に公正証書役場に出向かなければ作成出来ない事になっています。
費用は事前に電話で確認しておくと良いと思います。
それを作成してもらい、お互い1通ずつ保管することで調停離婚をした場合と同じ効力の調書が出来るのです