「離婚調停」は話し合いで解決しない場合の解決手段

離婚調停は法的な離婚手続きのはじまり

離婚問題が増えている近年ですが、お互い話し合いで解決する協議離婚と話し合いでは解決出来ないことも多々あります。
その場合、第三者にアドバイスしてもらい解決する離婚調停があります。

離婚調停の意義と役割

離婚問題は感情的になりやすく、双方での話し合いで解決する事が難しい場合があります。
その状況が長引けば長引くほど、もつれてしまう可能性もあり、子供がいる場合は特に、お互いが歩み寄る必要があります。
この話し合いで歩み寄る事が出来れば良いですが、それが不可能な場合は離婚調停となる場合が多い様です。
離婚調停とは、協議離婚で解決出来ない場合に解決法として家庭裁判所へ申し立て、第三者に間に入ってもらいアドバイスしてもらいながら解決する方法です。
家庭裁判所へ申し立てたからといって、必ず離婚しないといけない訳ではなく、お互いの言い分を聞いてもらい一番良いと思われる方法をアドバイスしてもらいながら、お互いが歩み寄る事です。

離婚調停の実際

離婚調停のなかには、自分の言い分ばかり通し相手だけを非難し話し合いにならない場合もあるようです。
これでは、第三者に間に入ってもらう意味がなくなってしまい解決出来なくなってしまうので、感情的にならない様に自分の言い分や考えが調停委員に伝わるような話し方が必要になります。
緊張していたり、相手の言い分を聞いているうちに感情的になってしまう事もあると思いますが理性を失わない様に心がける事です。
間違っている事に対しては冷静に対処、反論し、主張したいことには譲れる所まで譲って主張することが大切だと思います。
やはり、離婚問題では、お互いが譲り合い子供がいる場合は特に慎重に歩み寄る事が大切です。
しかし、1回で解決しようと思わずに納得出来ない事に対しては冷静に対処する事も必要です。