「離婚訴訟」は離婚のための最後の手段

離婚訴訟は調停や協議が不調に終わったときの処置

天の川銀河不貞行為や性格の不一致などさまざまな離婚理由があります。
離婚をする夫婦のほとんどが協議離婚や調停離婚などによって離婚します。
しかし協議や調停を行っても話し合いがまとまらずに家庭裁判所に離婚の訴えを起こすことを「離婚訴訟」と呼びます。
その裁判に勝利して、離婚を認める判決を得ることによって、離婚は成立します。
慰謝料や財産分与などの金銭問題や未成年の子供がいる場合には、親権者の指定や養育費の請求も同時に行われます。

離婚訴訟を起こすメリットとデメリット

裁判所に訴えることによって得られるメリットとしては、法的な強制力があることです。
100%自分の望んでいる結果になるとは限りませんが、最終的に決着がつくという確実さがあります。
ただし相手方の生死が不明であったり、行方不明や心神喪失などの例外を除いては、基本的に調停を済ませてからではないと起こせないというルールがあります。
そのため最低でも決着に1〜2年ほどかかる場合があります。

離婚訴訟を起こすための必要条件

離婚訴訟を起こすには、法律上の一定の原因も必要となってきます。
法律上の原因として上げられる物は、配偶者以外の人と性的な関係を持ってしまった「不貞行為」です。
また故意に同居や生活の協力を拒否したり扶養義務を怠る「悪意の遺棄」があります。
さらに、三年以上の生死不明や回復の見込みのない強度な精神病のほか、暴力や浪費、犯罪などの婚姻を継続しがたい重大な理由などが上げられます。

離婚訴訟の流れ

裁判の流れとしては、裁判所に離婚請求の訴状を提出し、裁判所が訴状を受け取ると口頭弁論期日を定めて相手方に訴状を贈ります。
相手方は答弁書も提出せずに期日を欠席してしまうと訴えた人の主張を認めたとされ、欠席判決で負けてしまうこともあります。
そのため、双方が言い分を主張し、審理を尽くしたところで判決となります。
場合によっては途中で裁判官が和解を勧告することもあります。