子連れ離婚経験者のサークルに入っています

離婚原因は夫のマザーコンプレックス

私は去年、小学生の娘を引き取って、約10年間の結婚生活に終止符を打ちました。
離婚の原因について、一言で説明することはできませんが、夫が強度のマザコンだったことが離婚原因の1つになっていることは確かです。
男性は、程度に違いはあっても、皆大なり小なりマザコンだという話を聞いたことがありますが、許せるマザコンと許せないマザコンがあります。
自分を産んでくれた母親を大切に思う気持ちはわかりますが、四十男が母親離れすることができずにいる姿を間近で見せつけられ続ける方はたまったものではありません。
もちろんそれだけが理由ではありませんが、私にとってだけでなく娘にとっても、夫との生活が苦痛でしかなくなってしまっていたので、思い切って子連れ離婚することにしました。

離婚は協議離婚でスムーズでした

 もともと、私や娘に対し、夫はそれほど強い執着心を持っていなかったようで、想像以上にすんなりと離婚に同意してくれました。
また、娘の親権も全く欲しがりませんでしたので、私にとってはかえって好都合でした。
でも、結婚と同時に家庭に入っていた私は、なかなか仕事を見つけることができず、離婚後しばらくの間はかなり大変な思いをしました。
何度就職の面接に行っても落とされてしまい、煮詰まっていた頃に、子連れ離婚経験者だけのサークルがあることを知りました。
気分転換になるかと思って顔を出してみたのですが、あの時サークルの集まりに顔を出して本当によかったと今しみじみ思っています。

離婚経験者同士で寄り添うことで精神的に救われる

サークルは同じ立場の人ばかりが集まっていましたので、変にカッコつけたりする必要がなく、困っていることを正直に話すことができました。
3回目に行った時に仕事を見つけることができずに困っている話をしたところ、参加者の1人が働き口を紹介してくれました。
そこにめでたく採用してもらうことができ、今も働き続けています。
シングルマザーに対する理解がある会社なので、何かと助かっています。